スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--(--)--:--】 | スポンサー広告 | page top↑

相模原麻溝公園競技場に行ってきた

IMG_8213_640.jpg
日曜にはじめて麻溝公園競技場に行ってみました!
FC町田ゼルビア×SAGAWA SHIGA FCです。





近場の相模原にJリーグ規格の競技場が建てられるということで昔から気になってた麻溝公園競技場ですが
ついに行くことができました!

最寄り駅はJR相模線の原当麻駅で駅から徒歩20分らしいですが一般的な行き方は相模大野駅からバスのようです。
ちなみにこの日はJR横浜線古淵駅(町田の隣の駅)からシャトルバスが出てたのでサッカー開催時は古淵がポピュラーな行き方なのかも。
まあ家からだとどうみても自転車で行った方が早そうだったから自転車で行ったけどね(笑)
相武台前から自転車で20分ちょっとの距離だからね。
家からだとだいたい40分前後くらいで自転車で行くには微妙に疲れる距離だけどまあこれくらいなら許容範囲でしょ(笑)
自転車でサッカー見にいけるなんてすばらしすぎる・・!

この麻溝後援競技場は将来的にはSC相模原がJリーグに昇格した際に使うのでしょうがこの日は町田ゼルビアが使用してました。
町田ゼルビアの本来のホームスタジアムは野津田にある町田市立陸上競技場なんだけど
そのスタジアムは現在Jリーグ基準を満たすための改修工事中ということで暫定的に麻溝公園競技場を使ってるみたいです。
そんなわけで、近場の麻溝公園競技場でJFLの試合が見れるということで予定も空いてることもあって見に行ってきたわけです。
ちなみにJFLというのはJ2の一つ下のカテゴリーのリーグで
Jリーグ入りを目指すプロサッカークラブと企業の部活チーム等のアマチュアチームが混在するリーグになります。
このJFLでJリーグ参加基準を満たしているチーム(いわゆるJリーグ準加盟)が4位以内に入ると翌年のJ2入りが認められます。
ただし、準加盟チームが4位になってもスタジアムや財政面の審査が通らないとJリーグ入りは拒否されます。
ゼルビアは改修が完了してもスタジアムがこの審査が通らないということでJリーグ入りが拒否されたようです。
スタジアムの問題は難しいですね。
もしかしたら麻溝公園競技場をホームスタジアムとして使えるSC相模原の方がJリーグ入りが早いという可能性もあるかもね。


IMG_8188_640.jpg
ゼルビア名物の屋台村らしい

IMG_8190_640.jpg
はーい

IMG_8193_640.jpg
スタジアム内に陸橋が・・!

IMG_8194_640.jpg
メインスタンド

IMG_8200_640.jpg
ゴール裏の芝生席からメインスタンドを眺める

IMG_8203_640.jpg
バックスタンドはまだ建設中のようです
完成すればJ2基準は余裕で満たせるはず

IMG_8205_640.jpg
選手入場

IMG_8210_640.jpg
町田サポ

IMG_8211_640.jpg
佐川サポ
アマチュアチームでも人数は少ないながらちゃんとした応援隊がいるんですね

IMG_8216_640.jpg

動画

今日は家に転がってたビデオカメラを持参して撮影してみました
いつものデジカメでの動画撮影よりはマシな動画が撮れてるはず・・(笑)

試合はJFL2位と3位の試合らしくかなり白熱した戦いでした。
JFLもそれなりにおもしろいですね。
SC相模原がJFLまで昇格してきたら予定が空いてる日には麻溝まで見に来るのもいいかもね。

こんな感じの観戦でした!
やっぱ近場でサッカー見れるのはいい感じです。
来年は町田の競技場にも1回くらいは行ってみようかな。
行ける範囲にある競技場はやっぱ一通り行ってみないとね♪


【2010/11/25(木)22:11】 | 観戦記 | コメント(0) | page top↑
<<4,250円 | ホーム | インク>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

投稿画像

プロフィール

せみーじゃ

Author:せみーじゃ
彷徨い人

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー(改変作業中)

最近の記事

最近のコメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。