スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--(--)--:--】 | スポンサー広告 | page top↑

やまびこ43号


雨の中、盛岡へ向け新幹線が発車しました。
それにしても傘が邪魔です(笑)
てか、雨降るとは予想してなかった><
荷物送ったのは正解だったっぽいです。
スポンサーサイト
【2010/02/28(日)07:19】 | モブログ | コメント(2) | page top↑

アマン!

ノーマルヒル、ラージヒルともにアマンの圧勝でしたね。
オリンピックでの勝ち方を知ってるかのような圧勝劇でした!
実力的にはシュリーレンツァウアーとの一騎打ちになってもおかしくなかったんだけど
オリンピックという特別な舞台ではまた状況が変わってくるようで
オリンピックや世界選手権ではさらに特別な力を発揮できるアマンの牙城を崩すことはできなかった。
マリシュもオリンピックに向けて最高の調整をしてきたようだったけど
アマンには及ばず銀二つという結果に。
今回のオリンピックではノーマルヒル、ラージヒルともに金アマンマリシュシュリーレンツァウアーということになったけど
これはそれだけその3人の実力が他選手を凌駕してるということだと思う。
オーストリア勢の不振も大きかったけど、最高の状態でオリンピックに挑めたアマンマリシュこの2人に付け入る隙はなかった。
いや、本当すごかった!
日本勢は伊東大貴の順位に不満はあるけど条件を考えれば全然許容範囲内。
そして葛西がラージヒルで8位入賞!
運が少しあれば伊東葛西の8位以内はあると思ってたからこれには大満足。
運がよければ銅目指せたかもしれないけどさすがにそれはきつかったと思う。
一般の方々はメダル獲れないと不満なんだろうけどこれが現時点での日本勢の実力。
むしろかなりがんばったと思う。

ジャンプ競技は今日深夜にあるラージヒル団体戦を持って終了になります。
各国の団体戦のメンバーは既に発表されてるのでちょっと展望を。

各国のオーダー(ワールドカップ国別ランキング順) ()内はワールドカップランキングの順位 

オーストリア: ロイツル(5位) → コフラー(4位) → モルゲンシュテルン(3位) → シュリーレンツァウアー(2位)
ドイツ: ノイマイヤー(20位) → ヴァンク(19位) → シュミット(28位) → ウアマン(12位)
ノルウェー: バーダル(42位) → ヒルデ(27位) → エベンセン(15位) → ヤコブセン(9位)
フィンランド: ハウタマキ(32位) → ハッポネン(60位) → ケイツリ(38位) → ハリオリ(16位)
ポーランド: フーラ(67位) → ルトコフスキー(37位) → ストッフ(26位) → マリシュ(6位)
スロベニア: ピクル(54位) → メズナー(44位) → プレブチ(49位) → クラニエツ(11位)
日本: 伊東大貴(14位) → 竹内択(44位) → 栃本翔平(29位) → 葛西紀明(18位)
チェコ: ハイエック(24位) → コウデルカ(60位) → フラバ(43位) → ヤンダ(22位) 

主要チームのオーダーはこんな感じ。
まあワールドカップランキングと言っても
オリンピックにどのような状態で挑めてるかが大事なわけであくまでこの順位は参考にしかなりませんよね。
ランキング低くても今回のオリンピックでプチブレイクを果たした選手(プレブチとか)は何人かいるわけだしw
次はそれぞれの出走位置での勢力順でも。
これは現時点での調子等を加味して独自に判断してますw
団体戦補正は考慮に入れてないです。

1人目
ノイマイヤー(GER)>ロイツル(AUT)>>伊東大貴(JPN)=ハイエック(CZE)>バーダル(NOR)>ハウタマキ>>>フーラ(POL)=ピクル(SLO)
今回はこの1人目に各国とも2番目に強い選手を置いてるみたいです。
ノイマイヤーとハイエックの調子がいいのが不気味。
日本は伊東大貴。。。
実力的には葛西とほぼ同等で1番手内ではトップクラスだと思うけど団体戦の1番手はどう考えても不得手。
ミスらないことを祈る・・・。

2人目
コフラー(AUT)>>ヒルデ(NOR)>ヴァンク(GER)>ハッポネン(FIN)>コウデルカ(CZE)>>ルトコフスキー(POL)>メズナー(SLO)>>>>>竹内択(JPN)
比較的楽なグループ。
各国とも4番目の選手を配置してるようなので比較的高速設定のグループになりそう。
ここで飛距離を稼ぐと後続が一気に楽になる(本調子であれば日本はここで岡部を起用したかった。。。)
オリンピックに呑まれてる竹内には期待できないと思う><

3人目
モルゲンシュテルン(AUT)>プレブチ(SLO)>>エベンセン(NOR)>ストッフ(POL)>シュミット(GER)>ケイツリ(FIN)>>>フラバ(CZE)=栃本翔平(JPN)
ここも2番手と同じ楽なグループとなるがモルゲンシュテルンがいることを考えると高速設定にはならないと思う。
栃本は完全に調子を崩しており期待するのは酷><

4人目
マリシュ(POL)>シュリーレンツァウアー(AUT)>>ヤコブセン(NOR)>>>ウアマン(GER)=ハリオリ(FIN)=クラニエツ(SLO)=葛西紀明(JPN)>>>ヤンダ(CZE)
各国のエースが集うアンカー。
アマン率いるスイスチームは団体戦にエントリーしてない(スイスは選手が2人しかいない)ので
必然的にマリシュとシュリーレンツァウアーがヒルサイズを飛ぶゲート設定になる。
マリシュ、シュリーが140を飛ぶと考えると他の国も130は飛んでおかないと厳しくなる。
葛西は運が悪くなければ上3人は無理としても他の国の選手とは十分勝負できるはず。

勢力図はだいたいこんなものだと思うけど、その通りに行かないのが団体戦。
個人戦のようにヒルサイズを目指して一発を狙うのではなく
時には堅実に行って確実にK点を超えるジャンプを揃えると言うことも大切になってくる。
特にドイツチームは団体戦となると力が倍増するので怖い存在となるはず。
逆に実力はあるけどプレッシャーに弱い選手を抱えてる国は爆弾を抱えてるのと同じことに。
個人戦よりも数段プレッシャーのかかる団体戦はオーダー順が大切になってくる。
1年前、3年前の世界選手権では、日本チームは2番手で岡部を起用し
岡部がグループ内で1位ないしは2位のポイントを獲得したおかげで
3番手4番手で飛ぶ伊東、葛西のプレッシャーを軽減することが可能となり
この策が2大会連続の団体戦銅メダルを獲得する原動力となった。
今回の日本チームは2番手3番手の竹内、栃本が全く期待の出来ない状態になってしまっているので
伊東大貴が1回目にミスを犯してしまい、
アンカーの葛西が140飛ばないと2回目に進出できない(上位8ヶ国が2回目に進出できる)という状態になってしまったと仮定すると
高確率でK点も飛べないような状況に陥ってしまうと思う。
(実際に5年前の世界選手権ではそういう状況でアンカーの葛西は飛距離を伸ばせず2回目に進めないということがあった)
それだけ団体戦は難しいものであるので日本の命運は1番手の伊東大貴にかかってると言っても過言ではない。


各国の対しての一言メモ

オーストリア:下馬評では断然有利だがロイツル、コフラーの不調が気がかり
ドイツ:オーストリア優位だがシュミットが飛べれば金があるかもしれない
ノルウェー:ランキング10位のルメレンを外すことになったが4人ともランキングより遥か上の調子である。期待できるかも。
フィンランド:アホネン(7位)まさかの団体戦欠場でアンカーはやらかしに定評のあるハリオリにw何かが起きる予感w
ポーランド:マリシュが神がかってるので団体戦のメダルも夢ではない。ミエトゥスを外してルトコフスキーを起用したのがどうでるか
スロベニア:ダミアンを外したのは解せないけどプチブレイク中のプレブチもいるし日本より普通に強いはず
日本:伊東の1番手がどうなるかが問題。それ以上に問題なのは竹内栃本の不調。2回目に進めれば御の字かも。
チェコ:ハイエック、コウデルカ、ヤンダとそれなりの選手が3人揃っている。日本より上の順位にきそう。。。


どうなるか不安ですけどオリンピック最後のジャンプ競技ですし楽しみたいですね(っ´ω`c)





【2010/02/22(月)16:15】 | スキージャンプ | コメント(0) | page top↑

上越国際スキー場に行ってきた ~2010年2月14日(日)~

IMG_7309_640.jpg

日曜に上越国際に行ってきました!


続きを読む
【2010/02/16(火)10:21】 | スキー | コメント(2) | page top↑

バンクーバー

いよいよバンクーバー五輪開幕ですね。
ジャンプは今日NH(ノーマルヒル)の予選が行われ、明日NHの決勝が行われます。
LH(ラージヒル)は来週の土曜、団体戦は再来週の月曜という日程になってますね。

せっかくなのでジャンプの予想でもしてみようかと思います。
とりあえず今シーズン現時点でのワールドカップ総合ランキングでも。
右端の数字は今シーズンのワールドカップ(個人戦20試合)で獲得したポイントです。
(1位100ポイント、2位80ポイント、3位60ポイント、・・・30位1ポイントという感じで割り振られます)

1位 アマン (スイス) 1249
2位 シュリーレンツァウアー (オーストリア) 1192
3位 モルゲンシュテルン (オーストリア) 749
4位 コフラー (オーストリア) 721
5位 ロイツル (オーストリア) 641
6位 マリシュ (ポーランド) 542
7位 アホネン (フィンランド) 490
8位 コッホ (オーストリア) 477
9位 ヤコブセン (ノルウェー) 470
10位 ルメレン (ノルウェー) 449
11位 クラニエツ (スロベニア) 444
12位 ウアマン (ドイツ) 371
13位 ボドマー (ドイツ) 336
14位 伊東大貴 (日本) 324
15位 エベンセン (ノルウェー) 313
16位 ハリオリ (フィンランド) 299
17位 シェダール (フランス) 273
18位 葛西紀明 (日本) 264
19位 バンク (ドイツ) 259
20位 ノイマイヤー (ドイツ) 247



29位 栃本翔平 (日本) 124
36位 湯本寿久 (日本) 77
44位 竹内択 (日本) 54
82位 岡部孝信 (日本) 2

という風になってます。
普通に考えて日本勢がメダルを獲得するのは極めて困難だと思います。
団体なら可能性はなくもないと思いますけど調整うまく行ってないみたいだし・・・。
1月2週目の札幌ワールドカップ以降のワールドカップ(個人6戦団体1戦)をすべてキャンセルして
オリンピックへ向けた調整を行ったはずなんですけど
練習より壮行会やら取材等が忙しくて万全な準備ができなかったという話がどこからか聞こえてきたり^^;
これが本当なら何のための国内調整なんだって話ですよね。
それだったら普通に海外でワールドカップを転戦してポイント稼ぐ方が良かったんじゃ。。。
まあ後の祭りですけど。

個人戦は苦しいにしても何とか団体戦はと期待したいところですが頼みの岡部の調子が一向に上がってこない現状ではかなり厳しいかな。。。
岡部を外すとなると団体メンバーは岡部以外の4人(葛西伊東栃本竹内)に必然的になります。
このメンバーだと団体戦の1番手は伊東になるのかしら。。。
もしそうなるとしたら4年前にも吠えたけど今年もまた「だから伊東大貴の1番手は止めろって言っただろ」って言うことになるのかしら。。。
本当、いい印象が一切ないんだよね。
今好調の湯本でも居てくれれば話は変わるんだろうけどね。
代表から外してしまったんだから仕方ない。
一ヶ月前の選考時期の状態で湯本外して岡部の復調を期待するっていう判断はあの時点では別に間違っていたとは思わなかったしね。。。
岡部の復調さえあれば団体は銀までなら狙えると思ってましたけど
今の状態では6位辺りが目指すべき妥当な順位なのかもしれませんね。
ワールドカップランキング一桁順位の選手が補欠に回るオーストリア以外は
穴や不確定要素が多くて付け入る隙が十分あっただけに残念です。

さて、それではまあメダルの予想でも。
とりあえず今回のオリンピックは
前々回のオリンピックの金メダリストであり現在ワールドカップ総合ランキングトップのアマン
前回のオリンピックの金メダリストのモルゲンシュテルン
年明けから尻上がりに調子を上げてきた元チャンピオンのマリシュ
20歳でワールドカップ通算30勝以上(船木と葛西はともに通算15勝)とかいうわけのわからない強さを誇るシュリーレンツァウアー
この4人に注目しておけば間違いないと思う。
順当に行けばこの4人の中から金メダリストが出るはずだから。
しかし、ジャンプは風や気温や天候はたまたジャンプ台のタイプによって勢力図がその時々で変わってくるもの。
一発があるコッホ(試合に出れれば)やハリオリ辺りが勝つこともあると思う。

そんなことを加味してメダル予想。

ノーマルヒル
マリシュ
コフラー
アマン

ラージヒル
モルゲンシュテルン
アマン
コッホ

うーん。。。
まあ当たらないだろうけどこんな感じでw
何となくコッホはラージヒルで起用される気がするんだよねw
ラージヒルは台のタイプ的にはシュリーレンツァウアーが有利だと思うんだけど
1本目飛びすぎで飛計点マイナス2本目もプレッシャーを感じてミスしてしまい結局4位にという予想をしてみる。

団体は
金ドイツ
銀オーストリア
銅ポーランド
4位ノルウェー
5位スロベニア
6位日本
7位フィンランド

という大胆な予想w
ドイツは各選手調子上げてきてるみたいだし選手の数もここにきて揃ってきたしメダルは取れると思う。
少なくとも去年や3年前の世界選手権みたいに2本目に進めないなんていうさびしい状況にはならないと思う。
オーストリアはラージヒルで銅を獲ったコッホを団体戦で起用してしまいそれが裏目に出て失敗
僅差でドイツに敗れるというストーリーを想像。
まあそんなことないと思うけどw
ノルウェーは序盤絶好調だったルメレンがここに来て絶不調だし
オリンピックや世界選手権の団体戦では実力者揃えながらオーダー順ミスって思うような成績を残せずという印象があるので
手堅くまとめてきそうなポーランドに負け4位と予想。
ハリオリがやらかしそうなフィンランドは日本にも負け7位に。。。
うーん、本当にこうなったらどうしよう。。。
嫌な予想ですよね@@

というわけで(?)オリンピックを楽しみたいですね∠(`・ω・)/



【2010/02/12(金)20:45】 | スキージャンプ | コメント(0) | page top↑

日程発表

ついに2010シーズンの日程が発表されました・・!
ファンサカ休止の発表でいきなり出鼻を挫かれた感がある今シーズンですが
ワールドカップもあることだし盛り上がって欲しいですよね。
観戦する気がなかなか起きなかった昨シーズンは観戦数が伸び悩みましたけど
今シーズンはいろんなところに足を運べたらなと考えております。

今シーズンの初観戦はたぶん3/7(日)の三ツ沢かなー。
開幕戦のカード見たけど
潤沢な資金で大補強を敢行し昨シーズンとスタメンが9人前後は入れ替わるであろう横浜FC
JFLからJ2に昇格したギラヴァンツ北九州(J参入に伴いニューウェーブ北九州から改名)の
試合がよさそうに感じたんだよね。
その前日に11年ぶりにJ1に復帰した湘南ベルマーレを観に平塚に行くという手もあるんだけど
土曜はTVでいろんな試合見た方が楽しそうかなーって。
まあ、まだわかんないけどね。
そして、2週目にはがんばってトヨタスタジアムに行こうかと計画してたり。
だってグランパスくんかわいいじゃん。
トヨタスタジアム神スタジアムだし2006年以来行ってないから、ここいらでまた来訪したいんだよね。

うーん今から楽しみですなぁ!


【2010/02/03(水)19:40】 | サッカー全般 | コメント(2) | page top↑
| ホーム |

投稿画像

プロフィール

せみーじゃ

Author:せみーじゃ
彷徨い人

カレンダー(月別)

01 ≪│2010/02│≫ 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

カテゴリー(改変作業中)

最近の記事

最近のコメント

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。